コインチェック事件以降、ビットフライヤーとコインチェックどちらを選ぶべきなのか。

コインチェック事件以降、ビットフライヤーとコインチェックどちらを選ぶべきなのか。

はじめに

仮想通貨取引を行う際に必要なのが仮想通貨取引所の口座開設です。
初心者にとってとても大切な選択になります。
というのも仮想通貨取引は、ハッカーによる盗難が相次いでいるからで。
ハッカーが攻撃する手段として個人に対しての攻撃もありますが
取引所を攻撃するやり方もあります。
個人レベルで自分の資産を守るすべはいくつか考えられます。
パスワードの文字を多くする、セキュリティーソフトを入れる。
不要なサイトには入らないなど方法があります。
これをしたからと言って完璧に防げるわけではないのですが
自分で防ぐ術があるという事はとても重要な事です。
なぜなら、取引所のセキュリテイーにおいてどれだけしっかりしているのかというのは
外からでは分からないのです。
ハッカーの盗難に遭って初めて取引所のセキュリティーの甘さを知る事となるのです。

コインチェック事件が起こって

コインチェック事件が起こったことはとても衝撃的でした。
なぜなら、日本の取引所での出来事だからです。
私たちはどこか、日本だったら安心だという気持ちをどこか持っています。
その信用が一気に崩れた瞬間でした。
ハッカーによる被害は、だいたい海外の取引所が多いので
まさか日本でというのが印象だったと思います。
原因を探ってみるとコインチェックのセキュリティーの甘さでした。
セキュリティーの人員が足りていなかったことが要因でこれは明らかに
人員的ミスでした。賠償金を払いながらも経営は黒字という
納得いかないもので、その利益をセキュリティーにまわせたのではないかという疑問も
あるのです。
これは明らかに利益主導の運営をしていたことに他なりません。
国が正式な取引所かどうかを精査した結果、みなし業者が相次ぎ
セキュリティーの甘さだけではなく、投資者のお金を無断で使っていた事実まで
分かりました。
この事からも分かるように、取引所の内部の良し悪しまでは残念ながら分からないのです。

どうしたらリスク回避ができるのか

仮想通貨投資に慣れないうちは利益よりもまずセキュリティーの高い取引所を
選ぶべきです。
セキュリティー中心であると手数料が他の取引所よりも若干高い傾向がありますが
長い投資生活を考えれば、いずれ利益も上がってくるかもしれません。
短期的の儲けたい気持ちは分かりますがまずは焦らず身の回りを固めることが
重要です。
安全な取引所を選ぶ際に必要なのは多くの情報です。
多くの情報を集めて総合的に判断することが良いのではないでしょうか。
例えば、ビットフライヤーは早くからCMを打ち出していました。
それだけ資金力があり人気の高い取引所だという事が推察されます。
しかし、これだけで判断してはいけません。
仮想通貨取引所ではありませんが過大広告を多く打ちだし、安心させ
客を騙すと言った手法の会社もいままでいくつもありました。
そういった意味でも雑誌やネットの口コミなど総合的に判断して
最終的に判断されると良いと思います。

取引所はビットフライヤーかコインチェックか

ビットフライヤーは、どの情報をみても今の段階ではセキュリティーの高い取引所です。
今の段階というのは、IT関連業界はとてもスピードが速いのでセキュリティーに関しても
今は大丈夫でも半年後は、破られてしまうことも考えられます。
日々の進歩について行ける取引所でなくてはなりません。
コインチェックは、事件以降数か月みなし業者になっていましたが
マネックスの傘下に入ることにより、新たに正式な取引所として
開設される予定です。
セキュリティーの面でも向上が期待されるようなので
コインチェックを選ぶ選択肢もあるかもしれません。
最終的に、どっちが良いかというのは、投資者のスタイルに合ったものを選ぶことになるでしょう。
これからのコインチェックの推移を見定めながら、決めても良いのではないでしょうか。