ケノンによる脱毛効果は何回で発揮されるのか

ケノンによる脱毛効果は何回で発揮されるのか

多くの方々は、ケノンの脱毛効果には期待しています。それなりに大きな効果があると見込まれているのですが、具体的に「何回で」効果が発揮されるか気になる事もあるでしょう。ケノンは、1回や2回程度で効果が発揮される製品ではありません。個人差はありますが、6回が1つの目安になります。

ムダ毛処理の効果は期待できるケノン

ケノン自体には、確かに効果はあるのです。ケノン以外にも沢山の脱毛器はありますが、製品によっては効果が今一つな事もあります。何回か使用し続けてみたものの、目立った脱毛効果がなかったので、断念してしまう事例もよくあるのです。

しかしケノンという製品は、効果自体は問題ありません。他社による製品と比べても、効果的な脱毛が可能なのです。現にケノンは、通販サイトのランキングでも上位になっています。脱毛の効果が、それなりに期待できるからです。

ムダ毛処理の回数が少なくなる効果

具体的にどのような変化が生じるかというと、むだ毛処理の回数です。多くの方々は、カミソリやシェーバーなどで処理は行っています。しかしカミソリなどは、毎日のように使用し続けなければなりません。1回だけなら良いですが、毎日それで処理し続けるのは、苦痛に感じられる事もあるでしょう。

ところがケノンという製品で処理を続けていますと、だんだん回数が少なくなるのです。それを使い続ける前までは、毎日のようにカミソリで処理し続けていたものの、2日や5日に1回程度で十分になる事もあります。

長期間に渡ってケノンで処理を続けていると、いずれ自己処理が不要な程度になっている事例もあるのです。それだけ毎日の無駄毛処理の手間を省けるようになるのは、ケノンの魅力の1つと言えます。

6回ぐらいから処理が楽になる

では具体的に何回程度使用し続ければ良いかというと、おおむね6回目安になるのです。2回や3回ほどケノンで処理をしますと、上述の回数の変化が生じる傾向があります。今までは毎日のようにムダ毛処理が必要だったのに、2、3日に一度で十分なレベルになる事もよくあります。

それで多くの方々は、6回目あたりから大きな効果が発揮されている傾向があるのです。上述の2、3日に1回のレベルと比べると、かなり自己処理が楽になる傾向があります。というのも、体毛が生えてくる頻度が明らかに減少するからです。カミソリなどを使用する頻度が減れば、もちろん自己処理の手間もだいぶ軽減されるでしょう。

しかし6回以内ぐらいの回数では、まだ目立った効果は実感しづらい傾向があります。少なくとも6回ぐらいはケノンで処理し続けないと、労力も軽減されづらい訳です。したがって「何回で」処理が楽になるかと言われれば、6回目安とは言えるでしょう。

10回ぐらい使うと体毛が気にならない

さらに継続的にケノンを使用しますと、さらに脱毛の労力が軽減される傾向があります。ケノンは、体毛の黒い色に反応して、ダメージを与えてくれる効果があるのです。それを何回か続けていれば、体毛に多くのダメージが蓄積し、だんだんと生えづらくなってきます。最終的には、ムダ毛がほぼ気にならないレベルになってくれるのです。

何回ぐらいで体毛が気にならなくなるかというと、10回目安です。5回や7回などでは、まだ自己処理が不要なレベルではありません。

パーツによっては多くの回数が必要

ただし、それもパーツに左右される一面はあります。深い箇所までで根付いている体毛ですと、やや多くの回数が求められる傾向があります。例えば脇の下やデリケートゾーンです。それらの箇所にある体毛は、毛根部分が比較的深い部分に存在します。

毛根が深い箇所にありますと、必要回数もそこそこ多くなってしまうのです。上述の通り、むだ毛処理が楽になるレベルの目安は6回前後ではあります。しかし脇の下などにある体毛は、7回や8回といった具合です。ですから「何回で」脱毛効果が発揮されるかも、パーツ次第と言えるでしょう。

人によって回数の差はある

それと、個人差もあるのです。上述の6回や10回というのは、あくまでも「目安」になります。ケノンをそれだけの回数で使用し続ければ、確率100%で処理が楽になるという意味ではありません。

例えば、体毛の濃さに左右される一面があります。その濃さも人それぞれ異なるのですが、毛深い方々の場合は、やや回数が多くなってしまうこともあるのです。ホルモンなどの要因で毛の量が多い方々は、回数も若干多くなる傾向はあります。

また相性の問題もあるのです。ケノンは、フラッシュの光が放出される製品になります。多くの方々に対しては、その光は効果は発揮してくれますが、やはり個人差もあるのです。光による効果がなかなか出づらい方々は、若干多くの回数を要する事もあります。

もちろん、その逆もあるのです。本来ならケノンで6回ぐらいは処理し続ける必要はありますが、人によっては5回ぐらいで十分な事もあります。このような個人差はありますが、全体平均は6回ぐらいと見ておくと良いでしょう。ケノンは、それなりの回数で使い続ける必要はあります。