ケノンという製品による脱毛は痛みは伴うのか

ケノンという製品による脱毛は痛みは伴うのか

ケノンという脱毛器には、様々な特徴があります。照射面積も比較的広いですし、仕上がりも比較的キレイになる傾向があるのです。ただケノンを検討している方々は、「痛い」かどうかを気にしている事もあります。ケノンは痛みは皆無の製品ではなく、個人差もあるのです。そしてこの製品は、レベル調整もできます。

脱毛機器の痛みに関する不安感

ムダ毛処理は、痛みとは大きな関連性があります。人によっては脱毛サロンで施術も受けていますが、お店によっては痛いと感じられる事もあるからです。フラッシュの光が肌に照射されると、そこそこ痛みを覚えてしまう事も実際あります。

それで家庭用の脱毛機器などは、フラッシュやレーザーの光を照射する訳です。ですから脱毛機器を今まで一度も使用した事がない方々は、不安感を覚えている事も多々あります。その機械でムダ毛処理をしますと、大きな痛みが生じるのではないかと、心配している方々も多いです。

ケノンの痛みに関する口コミ

冒頭で触れたケノンという製品は、数ある脱毛機器の中でも非常に有名です。通販サイトのランキングでも、上位になっている製品の1つなのです。ただケノンを検討する方々からすると、上述の痛みが不安になってしまう事もあります。それでムダ毛処理をするのは良いですが、痛いのも困るからです。

ところでケノンという製品に対しては、既に多くの口コミも寄せられています。その内容を確認する限り、痛みに関する程度は人それぞれ異なっているのです。

例えば、レーザー脱毛ほどは痛くないという口コミが見られます。以前に医療機関で施術を経験したものの、かなり大きな痛みがあった訳です。ケノンは痛みは皆無ではありませんが、レーザーほど痛くなかったという感想が見られます。

そうかと思えば、輪ゴムにたとえられている事もあるのです。飛んできた輪ゴムが体に当たれば、そこそこ痛みがあるでしょう。それと同じくらいの痛感だと表現されている事もあります。

また、ヒリヒリ感に関する口コミもあるのです。毛抜きをした箇所に照射しますと、ヒリヒリした感覚が生じたという口コミもあります。また痛みが殆どなかったという口コミもあるのです。ですからケノンが痛いかどうかは、人によって感じ方も異なっています。若干の個人差があるのは事実です。

冷却すれば痛みは減る

ですからケノンは、痛みが皆無な製品ではありません。しかし使い方次第では、その痛みを軽減できる製品でもあります。例えば、該当箇所に対する冷却です。ケノンで照射をする前に、ちょっと冷却をするやり方もあるのです。冷やしてあげる方が、痛みも感じづらい傾向はあります。

なぜケノンで痛みが生じるかというと、熱に耐えられないからです。ある一定以上は熱が蓄積されてしまうと、肌がそのレベルに耐えられずに、痛みの度合いが強くなってしまう事はあります。しかし事前に冷却しておくと、話は別なのです。ですから痛みが心配な時には、きちんと冷却してから照射すると良いでしょう。

パーツによって痛みの程度は異なる

ところでケノンによる痛みは、パーツとの相関関係があります。基本的にデリケートな箇所は、そこそこ大きな痛みが生じる傾向があるのです。

例えばすね毛をケノンで処理した時には、あまり痛みが大きくなかったという声も目立ちます。それに対してハイジニーナなどは、そこそこ大きな痛みを覚える事もあるのです。後者のハイジニーナという箇所は、比較的デリケートです。ですからケノンの照射で、痛みが生じる事はあります。

光の強さは調整できるケノン

ところでケノンには、レベル調整の機能が完備されています。もしも痛みが気になる時には、上手く調整してみると良いでしょう。ケノンは、照射する光のレベルは調整可能です。10段階で調整できるのですが、レベル1が一番弱い光になります。もちろんレベル10が一番強い訳ですが、最初の内は弱い光で試してみるやり方もあります。

レベルが低ければ、照射される光のパワーも弱くなりますが、痛みは抑えられるのです。ですから痛みが気になる時には、とりあえず低いレベルで照射してみるやり方もあります。

デリケートなパーツは出力を弱くしてみる

それでレベル調整の機能は、上述のパーツにも関わってくるのです。基本的には、デリケートな箇所はレベルを低めにすると良いでしょう。

ですから例えば、ハイジニーナなどはレベルを低めにしておく方が無難です。最初からレベル10の光を照射してしまうと、大きな痛みを伴ってしまう確率が高いからです。まずは低いレベルから始めて、慣れてきたらレベルの数字を上げてみるやり方もあります。

逆にすね毛などの箇所は、高いレベルでも問題ない事も多いです。すね毛という箇所は、皮膚には比較的厚みがあります。ですから高いレベルでも、あまり大きな痛みを覚えない事もあるのです。このように冷却やレベル調整を上手く活用すれば、「痛い」という感覚も抑えられる傾向があります。