エンジニアが転職するために準備しておくべきこと

エンジニアが転職するために準備しておくべきこと

今や日本の社会においてエンジニアは非常に重要なファクターを占めるようになっています。
これからはIoTやAIがさらに重要な役割を担い、世界で変わっていくためにも産官学が連携して論文や東京元実用的な技術に発展させていかなければ全く太刀打ちできなくなる可能性もあります。
最近の統計データを見ても特許出願はアメリカや中国が多く日本が負けている部分もあるのが1番わかりやすい状況です。
だからこそこれから望まれるのは優秀なエンジニアであり年齢を問わず、実績があるのはなかろうがこれからの日本を支えていけるような人材であれば新卒であろうが第二新卒だろうが関係なく求められるようになると思います。
とは言え、実際に転職を行うにあたっては様々な準備を行う必要がありますので具体的にどのようなポイントが重要かをお伝えしていきたいと思います。

●エンジニアとしての実績のまとめ

エンジニアとして転職を行うにあたってはなんといっても職務経歴書や履歴書で自分自身の実績をまとめることが重要になってきます。
どのようなプロジェクトに関わっていたのか、または自分自身がどのような資格を持っていてどのような業界でビジネスに貢献することができるのかをあらかじめ自己分析をして客観的に記載できることが大きなポイントになってきます。
もちろん、エンジニアとしての経験の長い短いに関しては大きな問題にはなりません。
例えば、大学を卒業してから3年間でどれだけの実績があるかと問われても大きなものは見れないかもしれません。
このような場合は自分自身がどのような思いを持ってエンジニアとして働いてきたから、そしてこれからどのような資格を取得してどのような社会貢献や技術貢献をしていきたいかを思いとして明確にしておくことが重要になってきます。

●マネジメントの能力

いかに優秀なプレイヤーとしてのエンジニアであっても転職の際に求められる色の方がマネジメントである場合はプレイヤーだけの能力では太刀打ちすることができません。
最近では大きなプロジェクト、中規模のプロジェクトにおいてはチームで案件を推進していくことが当たり前になっています。
こうしたプロジェクトを進めるにあたってコストや納期、クライアントの要求にいかに答えたビジネス推進を行うことができるかどうかを束ねることができるマネジメント能力は非常に重要なポイントになってきます。
場合によってはプレイヤーとして専門分野ではなくともマネジメント能力があれば、案件ごとに流すことができるので高い給料を得ることができる可能性もあります。
もちろんのことながら、マネジメント能力を職務経歴書や履歴書で訴えるにあたっては同じ業界であっても違った業界であっても問題ないと思います。
具体的にどのような案件を進めてきたのか、どのような人数でどのような納期で進めてきたのかを説明できれば充分だと思います。
そしてプロジェクトマネジメントにおける自分自身のポリシーや信念を明確に伝えることができればエンジニアとしての転職にあたっては大きな武器になってくるのではないかと思います。

●有利な資格について

実務経験は当たり前のことながら、実際に面談に臨むにあたっては職務経歴書や履歴書からスタートになります。
ですから自分自身が望む企業でどのような資格が求められるのかを事前に調べておき、資格を取得しておくことも大きなプラスになるのではないかと思います。
エンジニアにとって常に最新の知識や資格を取得しておくことが何よりも重要です。
世界各地でどんどん新たな技術や話題が進行していく中せめて資格だけでも最新のものを取得勝負事は時代に乗り遅れないためのポイントになります。
また転職に臨むにあたって資格を持っていることが最低限の条件と言われることもありますので事前にチェックしておくこともポイントになってきます。

●エンジニアとしての人脈

チームを束ねるエンジニアがチーム毎企業で転職を行うこともまま発生する時代になってきました。
実際に自分たちがエンジニアとして取り組んでいる技術やプロジェクトがさらに生きるためにはどのようにすべきかを責任者として考え転職先を考えることが非常に大きなポイントになってきます。
チームごとで移籍することになれば大きな投資を転職先としても求められることになります。
それだけの将来性があり、企業に貢献できる技術かどうかを見極めてもらうためにも積極的なPRを行わなければなりません。

まとめ

このようにエンジニアが転職を行うにあたって重要なファクターはこれまでの実績や資格、これからどのような技術でビジネスに貢献することができるかを明確に示すことにあります。
また、マネジメント能力においてもプロジェクトマネジメントにおいてはプレイヤーとしてのエンジニアではなく求められるものもありますので積極的に企業に対して訴求していくことが重要ではないかと思います。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇

転職カテゴリの最新記事