アロマをブレンドする選び方と特徴と注意点について

アロマをブレンドする選び方と特徴と注意点について

★アロマのブレンドとは

アロマを使用している人は多いと思いますが、ブレンドをする事が出来る事もアロマの大きな魅力であると言えます。
精油のブレンドはとても奥が深く特別な規則はないので個人の好みも大きなポイントです。
一番大切なことは、型にはまらず、いろいろ試してみる事であり、一般的に人気の精油を使用していれば、それ自体の香りがとてもいいので、精油のチョイスによってひどい香りになるということは殆どないと言えます。
ブレンドのコツを理解して規則ではないのでチャレンジしてみると良いです。

★アロマのブレンドの基本について

アロマをブレンドしたいと思った時に大事なことは最初に、何を作るかと言うことです。芳香浴で使うのか、マッサージオイルにブレンドして使うのか、お風呂に入れて使うのかなどで、その用途によって、精油の量が変わってきます。
チェックする事としては、作るものによって変わる精油の分量です。芳香浴で使用する場合とマッサージのように体に使用する場合は、精油の濃度が変わってくるので、注意が必要です。
次に精油の禁忌もチェックします。体に不調があったり、アレルギーがある場合など、妊娠中や子供がいる時、精油の禁忌について知る必要があります。
天然のものが、100%安全とは限らない事は理解しておく必要があります。
自分の体調に合わないものをブレンドするのは避ける必要があります。

★ブレンドするアロマを選ぶ

ブレンドする精油を選びますが、直観で好きな香りを選んでも全く問ないです。
精油によって色々な作用があり、その作用から選んでブレンドを考えることは一番一般的です。
身体的な作用もあれば、心理的な作用もあります。
初心者の人はよくわからないと思うので、アロマのブレンドで作用で選ぶ際にはネットなどの情報を参考にしてみると良いです。
何をブレンドしたらいいか迷ったら、香りの系統で精油を分けると選びやすくなります。
この方法もとても簡単で一般的な方法です。香りは一般的に7種類の系統に分けられ、合わせやすい系統があり好みが大きく出るポイントと言えます。
選び方としては、星座や天体から選ぶ方法もあり、星座とアロマも関連しています。
自分に関連する星座や天体に対応する精油は、その星座の特徴の部分をより引き出してくれます。
今の時期に対応する星座に着目して、ブレンドするアロマを選んでも良いと言えます。
アロマを色で選ぶ事としては、多くの人がレモンの香りと黄色が自然と結びつくように、香りと色には関連があります。
色は自分の心を表すと考えられているので、直観で選んだ色に対応する精油を選んでブレンドする方法もあります。
アロマをブレンドするにあたり、チャクラで選ぶ方法もあります。チャクラと聞いても分からない人も多いと思いますが、上級者向けの選び方と言えます。チャクラもアロマには対応します。
より活性化させたいチャクラに対応する精油を選ぶと、それを助けてくれます。
今の自分の課題点に対応するチャクラをチェックして、対応する精油を選ぶこともできます。
とても選ぶ幅が広がる選び方と言えます。
精油と同じエネルギーをもつ多くの天然石が存在しますが、自分が身につけている天然石のエネルギーをより高めるためにアロマを選ぶことができます。
効能から天然石と精油を選ぶこともできるので、チャレンジしてみても良いです。

★アロマのブレンドの注意点について

アロマを選ぶかが決まったら、精油の限度量にも気をつけます。いくつか注意点があるので理解しておく必要があります。
アロマを作る際には、精油には限度量があります。含まれている成分によって、あまり高濃度で使用しない方がいいものも多くあるのです。
限度量とは、希釈する材料を含めた全体量に対して、何%まで使用していいかという値になります。
30ml香水を作る時には、限度量が1%の場合は3mlまで入れられますが、それ以上は入れない方がいいということがあり、理解しておくと良いです。

★アロマのブレンドで本格的な香りにするポイント

アロマをブレンドする上で大事なポイントとして、ノートに気をつける必要があります。香りには揮発速度によってノートが分類されています。このノートをバランスよくブレンドすることによって、香りのバランスもとれて長い間香ります。
トップノートが一番揮発速度が高く、一番最初の香りの印象になる香りです。
ミドルノートはブレンドの中心となる香り、ベースノートは一番長い間続く香りです。
香りには、ノートとは別に強さという特徴もあります。
同じ量でもある精油は弱く、ある精油はとても強く感じます。
一滴入れただけでその香りしか香らなくなってしまうくらい強い香りのものもあります。

★アロマのブレンドのまとめ

アロマは多くの人が利用していますが、ブレンドする事ができるので奥深い魅力があります。
選び方から注意点まで理解してからアロマを楽しむことがオススメです。