アルバイト経験のみで正社員への転職を目指す

アルバイト経験のみで正社員への転職を目指す

【アルバイトからの正社員】

アルバイトの経験はそこそこあっても、正社員へのハードルは高いと思いがちです。果たして、それは事実なのでしょうか?実はコツを抑えれば、難しい資格や豊富な経験がなくても、正社員への転職かんたんにできるのです。以下では、その理由やおさえるべきポイントを述べていきます。

【人手不足の労働市場】

現在、労働市場は全体的に人手不足です。飲食や接客、販売など、アルバイトからでも気軽に始められる業界においてもそれは同様で、むしろ深刻なのです。アルバイトをたくさん抱えているということは、それだけ人が流れる可能性も高いということです。しかしながら、仕事を運営していく上で、新人教育や人材管理をしつつ通常営業をし、利益を上げていくことは容易ではありません。そのため、固定した人材がほしい企業側の需要があるのです。

【ポイントは”同じ業界”ということ】

ポイントは、アルバイトをした業界や職種と同じところを選ぶということです。もちろん未経験歓迎の正社員募集や、正社員を前提とした募集はあります。しかしながらそういうポジションの募集においても、経験者歓迎というのがおおよそのところ。接客のアルバイト経験がありながら経理やIT分野の正社員への転職を目指すよりも、受付や店長候補の販売員のポジションを目指した方が、より確実に採用されるのです。

【履歴書は応募した職種に寄せて書く】

自分の経験した業界や職種に基づいて、ある程度転職先の業界や職種が定まったら、次は応募への準備に取り掛かることとなります。おおよその場合、インターネットや電話を通じて応募した後、履歴書を作成することとなります。その際におさえたいポイントが、応募先に履歴書の内容を寄せることです。1つのアルバイトの中でも、様々な仕事をしています。例えばカフェ店員経験者が企業受付に応募する場合には、どのような内容になるでしょうか?カフェ店員の仕事内容としては、販売・接客・清掃・調理などがあげられます。この中で企業受付の仕事内容に近いのは、お客様と対面する「接客」です。自分がお客様と接する際にどんなことに気をつけていたのか、接客とはどういうものと認識しているか、どのようなに気づかされ意識したかを、履歴書に記すべきなのです。また他の例として、同じくカフェ店員経験者がアパレルの店長候補の販売員への転職を目指す場合、どこに寄せるべきでしょうか。販売・接客・清掃・調理のなかなら、間違えなく「販売」です。どのようにお客様のニーズをくみとっていたか、どのような行動が利益を生み出したかなど、具体的に履歴書に記すべきです。このように、目指す業界や職種によって、どの経験に重きを置いて履歴書を書くかが決まるのです。

【アピールしたい”協調性”と”積極性”】

アルバイト経験者が存在し、面接官を通して得ることのできる仕事のほとんどは、協調性と積極性が重要な現場であると言えます。そのため、履歴書や面接時にアピールしたい点として、この二つがあげられるのです。このときについ思いがちなのが、「私は協調性なんて持てていなかった…。」「積極的に仕事をしていたとは言えないな…。」という自己評価です。しかしながら、日本の労働現場で仕事をするということは、それだけで高いチームワークが求められ、それに応じ続けたということなのです。また、仕事の説明を受けてわからないとことを聞くという動作は、仕事に対して前向きな姿勢であるといえます。つまり、仕事を覚えようという積極性があるということなのです。完璧である必要はありません。アルバイトを経験したなかで、どのようなことが求められ、それに応じ続けていたかを、いまいちど振りかえってみましょう。そこにはかならず、”協調性”と”積極性”があったはずです。それを面接時に、自分のエピソードとして具体的に話せたら、なお良いでしょう。

【一緒に仕事をしたいと思わせる】

「この人と一緒に仕事がしたい」「この人なら任せられる」と思わせるのに、経験以上に大事なことがあります。それは、「意思の疎通ができる」と思わせることです。履歴書の準備はばっちりでも、つい緊張してしまう面接。そんな時に、とにかく心がけることは、はっきりと話し、相手の質問にきちんと答えるということです。一見あたりまえのように思えるこの動作も、面接時には意外にできていないことが多いようです。もちろん、事前に面接のマナーや服装についてインターネットで調べて確認したり、先方の指定に従うことで、誠実さを示すことも重要です。しかし、一緒に働く仲間として最終的に重要視されるのは、コミュニケーションが適切に取れるのかというところになります。面接官や採用担当も、あなた同様に緊張しています。今回は良い人材だろうか、これで仕事がより良く回り、利益が生み出せるだろうか。面接官である自分を通して会社のイメージや信用が悪くならないだろうか。あなた同様、様々なことを考えながら、面接官もあなたに会って話をしています。アピールポイントをしぼったら、あとは落ち着いて面接官の質問を聞き、答えていきましょう。そうすれば、あなたのアルバイト経験が、正社員へのかけはしとなるでしょう!

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇