アパレル業界に転職するためには?

アパレル業界に転職するためには?

アパレル業界への転職を希望する人は少なくありません。とりわけブランドショップで働く店員さんに憧れを抱く人は多く、このような人たちを見てこの世界への転職を決意する人もいます。ではショップ店員としてアパレル業界で働くためにはどうすればよいのでしょうか?
採用に至るまでの基本的な形は他の職種と同じです。つまり履歴書の提出から始まり、面接や試験を通して合否が発表されるというものです。しかし他の職種と異なる点もいくつか存在します。ではショップ店員としてアパレル業界へ転職するために必要なことについて見ていくことにしましょう。

1.おしゃれである

ショップ店員はお客さんの見本とならなければなりません。そのためおしゃれであることは必須条件です。しかし単におしゃれと言っても、様々な形のものが存在します。そのためおしゃれの種類に見合ったショップで働くようにすべきなのは言うまでもありません。
たとえばスーツやジャケットスタイルといったようなかしこまったファッションスタイルでおしゃれを楽しんでいる人が、ジーンズなどのラフな服装を扱うブランドのショップ店員として働くことは容易ではありません。逆にラフな服装でのおしゃれが得意な人が、かしこまったファッションアイテムを扱うショップで働くことはないでしょう。
おしゃれな人は必ず自分が好むブランドのファッションアイテムを身に着けています。そのためそのブランドについての知識やそのブランドのファッションアイテムのコーディネートの仕方を熟知しています。このような理由により、自分好みのファッションブランド店でショップ店員として働くことがベストです。

2.一般的な面接スタイルとは異なることもある

転職面接の際、多くの人は面接官に良い印象を与えるために身だしなみを整えます。男性であれば髪の毛を短くしてスーツを着用します。また女性も同様で長い髪を束ねたり、グレーやネイビーのスーツで面接に臨むのが一般的です。
しかしアパレル業界への転職の場合、このような面接スタイルにこだわる必要がないこともあります。先にも触れたようにショップ店員として働くためにはそのブランドのイメージを背負い、お客さんのおしゃれの見本となることが求められます。そのため面接の際には「この人はブランドのイメージに合っているだろうか」といったことが考慮されます。
中には社員の募集項目に「面接には普段着でお越しください」といったことが書かれているものもあり、面接希望者の普段のファッションセンスがチェックされることもあります。ブランドによっては髪の毛を染めていたり男性の長髪などがマッチするものもあります。このようなブランドのショップ店員として働きたい場合、一般的な面接ではタブーとされがちな染髪や男性の長髪、それにピアスなどが許されるケースもあるのです。

採用後は?

面接をパスして無事にアパレル業界で働くことが決定した場合、いくつかのルールに沿って働くことが求められます。もちろんどのような職場でもルールが存在し、それを守る必要があるわけですが、ショップ店員として働く場合の主なルールはそのブランドのファッションアイテムを着用するというものです。
これまで再三述べてきたように、ショップ店員を見たお客さんが、「あんな服装をしてみたい」と感じるような存在にならなければなりません。つまりショップ店員はマネキンの役割の一端を担っているのです。
そして当然のことながら着用するファッションアイテムは常に最新のものでなければなりません。お客さんが「ショップ店員さんが着用しているものがほしい」と言った場合にすぐに提供できる状況を整えるためです。
ショップ店員は割引価格でファッションアイテムを購入することができます。しかし毎日お店に立つことを考えると、多くのバリエーションが必要となります。また割引価格であるとはいえ、やはりレイテストアイテムは決して安いものではありません。そのためアパレル業界でショップ店員として働くなら、着用するファッションアイテムにそれなりにお金をかけることになります。

年齢によって異なる部署に配属されることも

ブランドによってはショップ店員として長年働くことができないケースも存在します。たとえば若者を対象としたブランドであるなら、年齢を重ねていけばそこで働けなくなるのは当然のことです。このような場合、他の部署での仕事が割り当てられます。
もちろんファッションアイテムを第一線で販売するという仕事に携わることはできませんが、大好きなブランドのファッションブランドに関わる仕事を継続していくことには変わりありません。

アパレル業界は華々しい

おしゃれが好きな人にとって、アパレル業界への転職は非常に楽しいものとなるはずです。このような人にとって大好きなブランドのファッションアイテムで身をまとい、それにかかわる仕事を行うというのは夢のような話です。
もちろんショップ店員として働く場合は接客やお金を扱う状況など、様々なことが関係してきます。そのためただ服が好きというだけでは勤まらない仕事です。それでもこの仕事は非常に人気のあるもので、転職希望者は後を絶ちません。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇