どうしても転職できない人の共通点とは?

どうしても転職できない人の共通点とは?

恐らく現在仕事を行っている人のほとんどは転職について考えたことがあるでしょう。しかし中にはいざ転職しようと面接を受けても、なかなか合格できないという人がいます。もちろんどの企業も従業員にある一定の基準を設けており、転職希望者がそれを満たしていなければ採用されることはありません。

では企業は転職希望者のどのような点に重点を置き、採用、そして不採用を決定するのでしょうか?ではこれらの点のいくつかについて見ていくことにしましょう。ここで述べる事柄の改善に努めるのであれば、転職できなかった人にもチャンスが訪れるかもしれません。

その1、年齢

企業の中にはある程度の経験を積んでいる人の採用を考えているところがあります。そのため若い人がこうした企業に転職することを考えても、不採用となることがあります。

また逆に年齢が高くても転職できないことがあります。多くの企業は採用した社員に即戦力となり、できるだけ長く働いてほしいと考えます。しかし高齢の人はすぐに定年退職することになってしまうために、採用されないことがあります。

その2、転職回数が多い

これまでに何度も転職を繰り返してきた人の中には、あるときピタッと転職できなくなることがあります。恐らくこのタイプの人の多くは「これまで簡単に転職できたのに、なぜ今はできないの?」と不思議に思うかもしれません。

しかし転職を何度も繰り返していると「この人は長続きしない人」という印象を与えてしまうために、採用を見送る企業があるのです。履歴書に書かれている転職回数だけで判断される場合もありますが、面接時にこの点が確認されることもあります。

もちろん「あなたは飽きっぽい性格なの?」とダイレクトに尋ねられることは滅多にありません。しかし面接官はこの点を見抜くために巧みな質問を用います。そのためどんなに優等生を装っても、飽きっぽい性格で仕事が長続きしないことはすぐにばれてしまいます。

その3、責任転換の傾向が見られる

多くの場合、転職希望先での面接の際には前職に関する質問がなされます。その中にはなぜ前職を退職したのかに関する質問も含まれます。この種の質問がなされた際、「上司が仕事ができない人で、自分に大変な仕事を押し付けてくるので退職したと」とか、「周りの社員が仕事のできない人たちばかりだった」などと自分の身の回りの状況悪化を人のせいにするなら、「この人には責任転換の傾向が見られる」と判断されます。

職場の上司や同僚と上手くいかないと感じる人の中には、自分に問題があるという人も多くいます。このような点を棚に上げ、周りの人のせいにする傾向があるのなら、転職面接に合格することは難しいでしょう。

その4、いい加減

いい加減な性格の持ち主もなかなか転職できません。その人がいい加減であるかどうかを転職先の企業が見極める最初の段階は履歴書のチェックです。

履歴書には志望動機、自分の長所や特技などを記す欄があります。ここにありきたりのことを書くのであれば、この人にはやる気がなく、いい加減な性格の持ち主であるという印象を抱かせてしまいます。

実のところ履歴書の記入にそれほど時間をかけない人の多くは、「転職できればどこでもいい」とか、履歴書を使いまわして「いつかはどこかの企業に採用してもらえるだろう」と考えます。しかしこのような考えは容易に見抜かれてしまうことがあるために、履歴書をきちんと作成するまでは転職できないという状況が続くことがあります。

その5、理想が高すぎる

理想が高すぎる人も転職できません。このような人は自分の理想にかなった職場を見つけることがなかなかできないと感じます。また面接に至ってもそこで高い理想を述べるのであれば、面接官は「この人は採用すべきでない」という結論に至ることもあります。

このような状況を改善するためには、ありのままの自分をしっかりと見つめるべきです。また現状を受け入れ、それに満足する気持ちを培う必要があります。理想が高い人の多くはそれなりの能力を有しています。そのため考え方を少し変化させることで、容易に転職できることが多々あるのです。

転職を成功させるためには?

これまで5つのポイントについて考えてきましたが、まずは転職を成功させるために何を行えるのか、この点をしっかりと考慮する必要があります。高齢の人であっても受け入れてくれる職場はありますし、いきなり自分の能力を発揮させられるような職場ではなくても、そのうち自分が活躍できる状況が見いだされる職場もあります。

また5つ目の項目でも触れましたが、自分の能力や現状を正確に把握し、自分を過大評価することがないようにします。そうすることで周りとの関係を良好にすることができますし、職場に対する見方も変わってくるはずです。こうした点を思いに留めて面接に臨むなら、転職の成功に一歩近づくことができます。

転職できない人には必ず何らかの理由があります。それを見つけ、改善することにっよって状況を変化させることは可能ですので、まずは自分という人間をしっかりと知ることから始めてみるべきです。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇