それぞれの仮想通貨取引所においての、本人確認のやり方の通常の形や、異例のケースなどについての概要

それぞれの仮想通貨取引所においての、本人確認のやり方の通常の形や、異例のケースなどについての概要

こちらの記事では、国内外のところの仮想通貨取引所を問わず、それらにおいての開設手続き上での本人確認のやり方全般に関しての概要が記述してあります。
実際にも、これは私自身による今までの幾つかの取引所での開設手続き上での経験でもありますが、同じ二重認証システムなどではあっても、取引所毎により大きく異なるようなところもありますので、そうした幾らかの違いその他、出来得る限りの気が付いた違いの事に関して、概ねの内容について触れていくようにします。

1.大抵の仮想通貨取引所の開設の場合

この場合、通常の大抵なされるアカウントIDとパスワードの設定作業の上に、Google社製の認証アプリをもう1つのパスワード代わりとしてセッティングをしていく形、2つ目は、開設時でのパスワードを3つくらい設定をしたりする形、3つ目は、独自のトークンでセッティングをしていく形、これら3つの方法からなる、二重認証のやり方が存在しています。
これらの何れかの二重認証をしてから、本人確認書類の提出をしていくといった形になっていますので、この点は世界中のどこの仮想通貨取引所も、開設条件の1つとして共通をしています。

2.本人確認書類の提出方法のパターン

さて、ここでは本人確認書類(身分証明書類等)の提出方法のパターンについての話の内容に触れてみます。
開設作業中であるそこの公式サイト上にあるアップデート・サービスを利用して、それらの書類の写真データの送信をしていくか、紙面からなる本人確認書類のコピーを指示をされた取引所運営会社の住所まで配送するか、何れかの形になります。
ただ、海外にある取引所の場合には、基本的にネット上でのデータ送信のみの形が一般的です。

3.海外の仮想通貨取引所での開設の際には要注意

これは特に、中国やアメリカ、韓国、イギリスその他、いわゆるG20と呼ばれている国々の、海外の仮想通貨取引所に多く見られる傾向ですが、これらの各国にあるところのものの場合、日本国内の取引所のように運転免許証や住民票などだけ、といった常識が通じないところも少なくありません。
そうした身近な、身分証明書類では無くて、国籍などを証明する、自分が居る国の政府が発行した刻印の押し印があり、その上で発行番号などがある、いわゆる『パスポート』でなければ受け付けないところが大半ですので、この点に要注意です。

それでも二重認証の設定面での支障とかはありませんので、安心して取引が出来るので問題はありません。
ただ、中国のBinanceやアメリカのビットフィネックスなどでは大変厳格に本人確認書類の提出仕様の設定をしていますので、これらの開設申し込みをする際には、特に注意が必要です。

4.とにかく、まずは二重認証の手続きを済ませておく事

これはもう既に先にも触れましたが、二重認証をやっておけば、大抵の場合にはそれから取引きが可能になりますので、一見すると、あまり重要視などをしたりする事は無いようにも思えます。しかし、国内外の取引所問わず、本人確認書類の提出をきちんとしなければ、閉鎖をされたりしてしまうようなケースや苦情なども報告をされたりしていますので、決して油断は出来ません。

ところが、これも先に触れましたが、海外のところではパスポートでなければ確認そのものを受け付けないようなといころもあります。
そのため、パスポート1通を取得していくだけでも経費や発行までの時間が掛かる事もある面を考えると、中々経済・時間的なコストが掛かるところがありますので、何時でも収益が出たらお金を何時でも引き出せる態勢にしておく事も、とても大切です。

5.今回の記事から言える事

やはり、以上の記事内容から、中国やアメリカその他の海外(日本国外)にある本人確認書類の提出面での条件が厳しいといった事情もあって、パスポートデータの提出がしにくい、困難だといった課題がやはり、問題としてある感じがします。
これ自体はやはり、海外地域同士間での通貨取引である以上、克服をしていかなければならない、大きな問題でもあります。