これからの転職で有利な資格について

これからの転職で有利な資格について

今は言わずと知れた転職には有利は売り手市場であります。これhs新卒、第二新卒を問わず、あらゆる雇用において当てはまるものです。しかしながら、それとともになかなか転職できないという雇用のミスマッチが存在していることも確かです。いかにこの雇用のミスマッチを削減して自分にあった転職先を見つけることができるのか、それが非常にポイントになってきます。そして、そこで重要なのが資格ということになります。

では、具体的に資格がもたらす転職への有利な事情についてあげていきたいと思います。

●一般職について

今の時代、なかなか昔のように総合職、一般職という区分けは少なくなりつつありますが、それでもやはり一般職という観点で業務を請け負って仕事をする職能は残されています。こうした職能で求められる資格についてお伝えします。

わかりやすいところえぢくと秘書検定の資格です。こちらは秘書業務で転職を目指すわけではなくとも、一般的なビジネスにおいてさまざまな場面で役立つことが実証されています。ビジネスにおける基本をこうした資格で学んでいることは転職市場で面談する際にも安心感を与えることができます。

●総務職能

以外に転職市場でどこでも必要とされるのが総務職能です。高齢化が進み、なかなかビジネスが

きちんと定型化できていないということもありがちな世の中ですから。

そこで求められる資格をいくつかご紹介したいと思います。

まずは危険物取扱資格です。こちらは事務所を構えるにあたり、必要となります。また、基本的な総務職能として知っておくべき事項がたくさんありますので。

次に情報セキュリティに関しての資格です。もちろん、個人情報を取り扱わないので関係ないと言い切ってしまうこともできますが、これだけが情報セキュリティではありません。機密文書の管理や廃棄方法、社内イントラの仕組みづくり、 情報トラブルへの対応方法なども含めて非常に多岐に渡り、仕事が発生しますので資格を持っているかどうかで非常に大きな違いが出てくることも確かです。

●販売現場を受け持つ場合

特に販売を受け持つような場合、資格は必要なく、コミュニケーション能力だけで問題なしと言い切る方々もいます。しかし、そんなことはありません。例えば、どのような業界でも持っていれば安心なのが消費生活アドバイザーです。消費者の購買に関してのトラブル対応にも対応可能になる知識が求められますし、実際の現場でも役に立つことがあるからです。また、販売現場とは異なりますが、それぞれの職能に応じた現場で求められる、そして同じ業態では求めれれるという意味では例えば、電気業界であれば、電気工事施工管理技士といったところもポイントでしょう。特にペーパー試験だけではなく、実務経験も求められることもあって、即戦力として転職先で役立つことが証明できる強みを持っているといってもいいでしょう。

●教育業界

次に当たり前のことながら教育業界です。こちらは教職免許を持っているかどうか、これが何よりも大きな分岐点になります。これは塾の講師であれ、私立の中学校、高校であれ、転職の職務経歴書や履歴書で最低限求められるものになります。そして、そこからが上澄みになります。例えば、英語であれば、教職免許に加えて、たとえば、英検やTOEICさらにはTOEFLといった検定の点数をある程度持っていたり、海外経験があるのかどうかも大きな強みになってくると思います。他の強化に関しても同じようなことが当てはまると考えても問題ないでしょう。

●士業

そして、後転職をする前にまずもって必要になる資格になってきます。例えば法律系の資格であっても行政書士や司法書士、さらには司法試験の免許を持っているかどうかによって転職できる職業の幅も変わってきますし、そもそもの収入ベースや求人ベースも変わってきます。

もちろんこれは法律に関するだけではなく経理に関する業務に関しても同じようなことが当てはまるでしょう。

士業に関しては、実務経験もさることながらどれだけ資格もレベルの高いものを取得しているかどうかがまず最初に判断の基準となってきます。

それだけに転職組みをとするときに1つレベルの高い資格を取得しようとするのは士業にとっては非常に重要なポイントになるでしょう。

以上のとおり、それぞれの職業職種によって求められる資格や有利な資格が異なってきます。問題は、自分自身がどのような転職を目指そうとし、その転職先で求められるスキルや資格がどのようなものかをしっかり把握してことが重要になってきます。的外れな資格を取ろうとして勉強しても転職に生かせなければあまり意味がありません。実務に直結する資格をいかに見つけていち早く取り組むことができるのか、そしてそこに実務経験が伴っていることがセットになってこそ、何よりも大きな武器となってくると考えてよいでしょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇