かって「白衣の天使」と言われた看護師さん達の悩みと転職問題

かって「白衣の天使」と言われた看護師さん達の悩みと転職問題

■ かって「白衣の天使」といわれた看護師さんは、

小さい頃、女の子に大きくなったら何になりたいか聞かれて、其の答えが看護婦(師)さんになりたい、と答える女性が案外多かったように思います。 かっての看護師さんは女の子から見ると理想の職業に観えたかも知れますん。

看護師さんの魅力は白衣の天使などとも言われているように、今でも清楚な白衣をまとって病魔や怪我に苦しむ患者と向き合っている姿は、やはり頼りになる存在です。 実際に幼い頃からの希望や夢は看護師だったという女性の方もいるでしょう。

又、怪我や病気で入院した時に、看護師さんに大いに親切にしてもらい、これをキッカケに看護師を志し、そのまま看護師になってと言う人もいるでしょう。 やはり、病院に入院して孤独で心配なところを、心身ともにケアしてくれるのが看護師さんに大いに癒されたという患者も居るでしょう。

この様に物心両面での精神的な支えである看護師さんは、現実的な魅力としても待遇面や給料なども結構良いようで、夜勤の特別手当などを含めると、高給取りとも言われているようです。

■ 看護師さんの昨今の事情、

しかし、大規模医療施設のようは総合病院にはない悩みも有るようです。 例えばクリニックと言われる小さな医療施設や診療所のように、主に外来患者を診察するようなところは、夜勤勤務などもなく無く気楽に仕事ができる環境には有りますが、規模が小さいだけにその医院の経営状態によっては待遇面でも限界があり、其れに、自分の希望する診療科との兼ね合いや合わないという面もあり、其れはそれで悩みの一つでも有ります。

何れにしても看護師は専門的な知識を含め、色々な経験をしながら成長しつつ、やりがいを感じている方も多いと思います。

しかし一方では、資格試験や看護協会による認定看護師などの資格に合格し、熟練した看護技術と知識を有している人でも、医療環境が変わり仕事の内容が想像していた以上に体力面でもハードであることに改めて気が付く人もいるようです。 特に、夜勤作業や時折、飛び込んで来る救急患者の気遣い等の、通常以外の不規則勤務などをふくめると、予想以上に身体的苦痛を感じる仕事であるとの印象もあります。 更には女性だけの職場という独特の雰囲気の中、職場での人との関係、即ち、人間関係や患者からの嫌がらせでストレスを生じる時もあります。

■ 看護師さんの実情と転職問題、

このような特殊な職場の雰囲気や環境の中においては、新人の看護師さんなどは感受性も人一倍高く、考えた挙句には ”退職をしようかな、転職してみようかな” などと考える場合もままあるでしょう。

最近は、転職サイトを覗くと看護師専門の求人サイトなどもあるようで、更に、上を目指して新しい職場や環境を求める傾向も有るとされています。

折角、夢を抱いていい病院に入ってきたのに、予想と現実のギャップに耐え切れず辞めてしまう事は、看護師資格や認定看護師等の厳しい実習や資格も反故にしかねません。 このことは看護師自身の忍耐力や精神力の問題もさることながら、少しきつい職場の現実もあることは確かでしょうが、其れら求人に関しては充分に見極めることも必要になるでしょう。

■ 筆者自身の転職事例と転職する際の心得、

現在筆者自身は、ごくごく平凡な家庭の主婦をしておりますが、実は私は正看護士としてのほぼ10年ちかい看護師キャリアがありました。 始めは地元の総合病院に就職してから現在まで2度の転職を経験しましたが、其れは、始めのうちは若かりし頃で2年ほどしてから直ぐに通勤時間と中堅の個人病院ということも有ってこともあってややハードな仕事とという理由も有って我が家の近くの病院に転職したのです。 その後は、尊敬する先生に半ばスカウトされるような形で、先生と同時に転職したものです。 そして、現在では神奈川県内の某大学附属病院に転職してから数年になりますが、元より当病院に転職してからは3回目の職場と言う事になりました。

ところで昨今、看護師さんの転職に関してはネットサイトなどを開くと求人サイトの中でも、看護師の求人サイトというのが数多く存在しています。 其れを裏付けるように各病院や医院でも看護師の不足が目立っているようで看護師の更なる補充問題が常に取りざたされています。

その為には、医療関係や病院サイドにおいては看護師不足を少しでも改善するよう務めているのが現状のようですです。 そして、医療現場においても看護師の不平や不満を少しでも抑えられるよう離職の防止策も大切になってきます。

何れにしても、看護師が医療現場に携わると厳しい現実が待ち受けているのは確かですし、 仕事内容は思っていた以上で体力的にもキツク、更に夜勤などや救急等の不規則勤務である事なども加え、当初思っていた以上に予想以上の負担のある仕事であったという印象もありました。

現在は仕事を選択する自由というのがより開かれている時代でもあり、我慢して、更に我慢してストレスが溜まるような状態になった時は迷わず転職してしかるべきでしょう。 又、新しい道へ進むのも積極的に行う時代でもあり、新しい職場でフレッシュな気分で仕事をすることが一番、本人のためでもあるでしょう。

⬇⬇⬇看護師転職サイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇