いいことばかりではなくまずデメリットをとらえよう

いいことばかりではなくまずデメリットをとらえよう

転職を考えるということは、現在の仕事場を離れたい、もしくは離れる必要がある何らかの事情があることかと思います。その中でいずれの場合も新しい職場での過ごし方というのは誰でも気になるところですよね。

給与体系はいいのかどうか、人数は過ごしやすい自分の適性と思えるものか、仕事内容は無理なくこなせそうなものかなど、たくさんの要綱が頭に浮かぶことでしょう。

ですが、ある統計で転職先選びで失敗する理由の上位に食い込んでくるのが「デメリットを想定していなかった」というもののようです。

転職するからにはたいぐうが改善されるように選んだはずなのになぜそうなるの?と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。ですが、意外とこれは落とし穴で転職はある部分に注目することも重要です。

それはその会社のデメリットです。デメリットばかりを見つめていると後ろ向きになってしまうので結果消極的になってしまうということもありますが、新しい職場のメリットばかりを想定していると、実際に働いてみたときに「あれ、こんなはずではなかったのに」というような、実際に働いてやめづらい状況下でやめたい理由が募る原因にもなりがちなのです。

特にデメリットの面で多く上がってくるのが残業などの拘束時間と人間関係です。当然募集を上げている企業は一人でも優秀な人材を確保したいため、「人間関係は良好です!」「残業はほとんどありません!」「クレーム処理は一切ありません!」といったようにいいところを上げてくることでしょう。ですが、実際にそうでしょうか。

今の仕事を選んだ時のことを考えてみましょう。これも必ずしもとは言えませんが、今の会社もそうしたメリットを見つめてここなら頑張れるかもという思いがあって選んだ方もいらっしゃることでしょう。ですが、本当に全く問題がなく転職を考える方ばかりではないことでしょう。

人間関係や業務内容に対して何らかの問題を抱えて転職する方はなおさら次の会社ではその問題を回避しようとすることでしょう。

天職だと思いつつもやむなく転職しなければならない方に関しても今と同条件のメリットが並んでいるところを優先的にチェックしていくことでしょう。

ですが問題は、同じルールで、同じ人間が働いているわけではないということです。人間の性格も十人十色ですし、職場のルールも空気感も全く異なるものでしょう。その中で自分の想定しないデメリットというのは少なからず発生するものです。

何が言いたいかというと、そうしたデメリットを想定しておくことで「これは起こりうる問題だ」と受け流す準備をしておく必要があるということです。

人が働く以上イレギュラーはつきものです。残業無しもみなし残業といわれるような残業ありきの給与体系のため、残業に含まないという意味合いかもしれません。クレーム処理なしも、最初はクレームが発生しない仕事かもしれませんが、タイトルアップすることで仕事内容は大きく変わることでしょう。

社命を受けた以上は従わなければならない大前提を考えると、最初のメリット通りに仕事が永久にできるわけではないのです。そこをとらえたうえで、職務内容にいいなと思えることが列挙されているところだけを優先して選ぶのではなく、むしろ多少苦悩がつきものだということを正直に書いている企業や、職務内容を明確に記載しているような企業を選ぶことも重要だということです。

ですが、先述いたしました通りデメリットばかり考えるものあまりよくありません。日本人はその民族性ゆえに非常に慎重です。少しでも不安要素が垣間見えてしまうと「こうなるくらいなら今のところで頑張ったほうがましなのかも」と思いがちです。

ですがそれも時と場合によります。しっかりと想定できるデメリットを見据えてそう思うのであれば正しい選択ですが、ただただ尻込みしてしまって転職をあきらめるのは、自分の可能性を押し殺してしまう原因にもなってしまいます。

ここで言いたいのはあくまでも「デメリットを想定して回避する方法まで考えておこう」ということです。メリットは可能な限り享受し、想定されるデメリットに関しては自分の可能な限り回避するビジョンを持っておくことが大切です。

将棋や囲碁の世界でも、先読みをして勝利をつかむように仕事も同じです。自分のやるべき仕事の最終的なビジョンを見据えて、そこに対してどのように向かっていくのか、そのためにどうすればよいのかを考えてある程度の道筋を見つけてから取り組むというのが堅実且つ確立の高い正攻法ではないでしょうか。

仕事選びの段階からその心持はスタートしているということです。自分の生業とする者には妥協はよくありません。だからこそ、いいことばかりを見据えるのではなく自分にとってマイナスになり得そうな要素を先読みして、そこへの覚悟を見据えたうえであたらしい仕事に取り組めば、きっとその転職は有意義なものになることでしょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇