あるある!看護師を辞めたくなる瞬間

あるある!看護師を辞めたくなる瞬間

 

看護師の皆さん、看護になって良かった、やりがいを感じる、そんなポジティブな想いを感じる時はありますか?きっとあるから看護師を続けられるのでしょう。

逆に、看護師なんかもう絶対に辞めてやる!とムカついたり、怒りまくる場面もあると思います。私は、かなりあります。

看護師さんにあるある!と共感してもらえそうな「看護師を辞めたくなる瞬間」についてまとめてみました。最後までお付き合いください。

■看護師さんって下の世話するんでしょ、大変だね

始めてあった人に言われがちな言葉です。

看護師さんなんだー、大変そう。患者さんの尿や便を採ったり、おむつ替えたりするんでしょ?私ならできないなあ。

若い人ばかりではなく、年配の方の中にも「看護師=女中」という誤った固定観念を追っている人がいて「看護師です」というたびに繰り返されるこれらの言葉にはうんざりします。医療者の一員として頑張っている看護師も辟易しますね。

ただし、看護師として尿や便や吐物や痰も採りますし、おむつもキッチリ替えますよ!

■ナースコールを連打する患者に疲労困憊

患者さんの中には、ナースコールを連打しまくる人がいます。痛みなどの症状が強い、認知症でナースコールを押し続けてしまうことは仕方がありませんが、本当に些細な用でナースコールを連打する、意識清明な患者さんは大変です。

お茶をくんできて。
肩がだるい、揉んでくれ。
今日のリハビリはまだか。
先生は何時ごろ来るのか。
外出しても良いか、ダメなら許可をもらってきて。
売店は何時から開いていますか?
食事はまだですか?

患者さんの訴えを無視することは出来ませんが、何度もナースコールを連打されると、沸々と怒りが沸いてくることがあります。一つだけ、言えることがあるとしたら「要件はまとめて言ってくれ」です。

ナースステーションと病室の往復で、足はパンパンです。

■もしかして血管が無いのか?点滴が入らない

この患者さんには血管が無いのかもしれない。とあり得ないことを思ってしまうほど末梢静脈が見つけにくい患者さんがいますよね。

絶対に点滴、採血が必要な状態なのに、血管が無く点滴が入らない時、何度も穿刺に失敗してしまった時、看護師としての自信を失いそうになります。また、恥を忍んで後輩看護師に交替してもらったとたん、スッと点滴が入って気まずい思いをするときも辛いですね。

点滴を失敗しまくった時や、点滴が入らない時、あー看護師辞めたいなあ、と思ってしまいます。

■悔しい!人と休みが合わず楽しみを共有できない

看護師は、高校や大学時代の友人、家族、恋人と休みが合わず、楽しみを共有できない時もあります。特に夜勤、交代制勤務をこなしている看護師は難しいですね。

看護師という職業柄、多少のガマンはしょうがないと割り切っていても寂しい時はあります。ランチして映画に行こう、ということになって休みが取れなかったけど、夜勤明けだから行けそう、と喜んで参加したものの、自分だけが眠くシンドイ。というのも看護師あるあるでしょう。

看護師を辞めて、一般の人と休みが合う仕事をしたい、という思いが頭をかすめます。

■看護師のくせに!という意思の暴言は許せない

チーム医療が重要、という言葉は耳にタコができそうです。

医師の中には、チーム医療の中心は患者さんではなく自分。という態度の人がいるのが現実です。間違いを指摘されたり、意見を出されることが大嫌いな医者にとって、看護師の指摘や意見は生意気以外の何物でもないようです。患者さんのためを思って、進言したことを「看護師のくせに」とはねつけるのは暴言だと思います。

言葉に出すとまずい、と認識している場合、無視してきたり態度で表して威嚇してくることもありタチが悪いです。こんな時は看護師なんか辞めてやる、と思いますね。

■全然給料が上がらない時、ボーナスが少なくてがっかりする時

診療分野にもよりますが、病院、クリニック経営は厳しい時代です。診療報酬が徐々に引き下げられている分野もあり、看護職員の給与をあげることができない職場もあります。反面、医療、介護の現場は利用層の高齢化、認知症の増加によって忙しさが増すばかりです。

看護師3年目の時と、看護師6年目の今。求められる役割はどんどん増え、残業も増えているのに、全然給料上がっていない。ボーナスも減っている。と給与明細を眺めてがっかりする時、看護師を辞めたいなあ。と思ってしまいませんか?

■さいごに

看護師を辞めたくなる瞬間は、いっぱいあります。本当にあります。

でも、看護師を辞めずに続けている理由は、やっぱり患者さんとの関りが楽しかったり、新しいことを覚えるワクワク感があるからだと思います。

看護師を続けながら、辞めたい!と感じる瞬間がなるべく少ない職場で働きたいですね。看護師の転職は、看護師専門の求人サイトにお任せください。登録無料、バックアップ万全で再就職をサポートします。

⬇⬇⬇看護師転職サイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇