【知らなきゃ損する転職事情】狙い目求人はいつ出るのか?

【知らなきゃ損する転職事情】狙い目求人はいつ出るのか?

給料がなかなか上がらない。ブラック企業を早く辞めたい。こんな時に頭に思い浮かぶのが「転職活動」です。多くの人がひとつの企業だけでは収まらない時代、効率的な転職活動をおこなうことがおすすめです。今回は「イイ求人はいつ出やすいのか?」に的を絞り、転職のワザをご紹介したいと思います。

◇思い立ったら吉日は大間違い

転職したいと思ったとき、すぐにでも今の会社を辞めるのは実は誤り。勢いだけで感情のみ行動を起こしてしまうと、望んでいたような企業と巡り合わないばかりか、自分の価値までも下げてしまう事につながりかねません。今勤めている企業があれば安全パイだと考えて、ひとまずその座はキープしておくこと。できれば仕事を続けながら、次の配属先や企業を考えるのがベストです。そんなとき注意しておきたいのが「いつ転職するのか」ということです。仕事を続けながら転職活動をダブルでおこなうのは、頭で考えている以上に大変なワザだからです。ダラダラと続けていると、現在の仕事に支障をきたし、最悪の場合はメンタル面(精神面)の不調をきたすことも考えられます。自分にラクな転職活動をおこなうためには「いつ割の良い求人が出やすいのか」知っておくことも必要なのです。

◇いつ求人数は増えやすいのか?

・4月と9月
一般的に企業が採用活動を増やし始めるのが4月、そして10月。3月や9月を決算期として設定している企業が多いため、大きな行事が終わったあとに中途採用者を増やす傾向にあるようです。同時にこの時期は「転職者も増える傾向」にあります。つまり求人数は多いものの、ひとつのステイタスを狙うライバルの数も増える状態にあるということ。この時期に勝負をかけたい方は、転職に必要な武器を多数身に着けておく必要があります。

・2月
そこそこ求人数も多いのが2月です。4月や9月と比べて、動をおこなう転職者の数は控えめのため、穴場期間かもしれません。この期間は12月にボーナスをもらった人の補てんとして、採用活動が一時的に高まります。4月は新入社員が入社してくる時期のため、企業としてはやや落ち着いているザワつきすぎていない期間です。同時に「高い即戦力」を求められることもあります。この時期に転職する人はライバルこそ少ないものの、持っているスキルを高めておく必要があります。

・7月
6月にボーナスを貰って辞めた方の補てん時期が7月~8月になります。夏の暑い時期のため、転職活動をおこなう人は控えめ。高いスキルを求める企業と、人並みのことが出来ればOKとする企業と2極化する様相にあります。8月に入るとお盆休みなどまとまった休日が多くなるため、7月のうちに一気に採用活動をおこなっておきたいと思う、スピーディな採用担当者が多く見られます。相手と条件が合致すればトントン拍子に活動が決まりやすい時期でもあります。

◇反対に避けておくべき期間は?

・3月
良い求人ももちろんあるのですが、この時期は「予定の採用人数が足りなかったとき」穴埋めとして突発的に行われやすい期間です。新入社員の辞退が予想以上に大きかったケースなど企業側による何らかの事情を含んでいます。ただしこの時期に入社すると「新入社員と同時期に入社できるため、極端に目を付けられにくい」メリットもあります。外部から人が沢山入って来る時期のため、自然に新しい企業の雰囲気に溶けこむことができます。初めて転職活動をおこなう方にとっては、逆にこのようなフレッシュな時期に入社を考えてみるのもおすすめです。

・5月と11月
全体的に見て求人数がやや少ないこの時期は、動いてもイイものの「狙っていた企業の求人があるかどうか」は微妙な期間です。6月と12月にボーナスが支給されるため、これを貰って辞める人が多いことを想定すると、採用担当者も「今後の動向がどうなるのか、様子見している段階」と言って良いでしょう。この時期に見られる求人は、大手企業より中小企業の方が多くなっています。ITなどの分野が多く新規拡大している企業も多いのですが、何らかの事情を抱えていて常に人材不足に悩むブラック系の業界もまれに見られます。気になる求人を見かけたら、その企業が「一時的に人材を募集しているのか」「通年募集しているのか」見極めることも大切です。

◇自分に合った求人時期の見極め方

ひと口に転職におすすめの時期、そうでは無い時期といってもケースバイケースです。たとえば冬の転職活動は「求人数が多い」メリットがあるものの「大雪など、気候の変動を受けやすい」「インフルエンザなど、体調管理が難しい」ことが挙げられます。また夏の転職活動は「求人数がある程度あるが、ライバルが少ない」メリットがあるものの「お盆など企業が休みの期間がある」「熱中症にかかるリスクがある」デメリットもあります。自分が動きやすい期間、得意な時期を見きわめて動くのも、ひとつの選択肢です。一定の情報を知っておきながら、自分がトクする期間を見きわめて効率よく動いていきましょう。

⬇⬇⬇転職おすすめサイト第1位!登録は無料なのでまずはトライしてみて!⬇⬇⬇ ⬇⬇⬇転職おすすめサイト第2位!相談した人は96%が内定!新卒〜第二新卒向け⬇⬇⬇